新宿

【新宿店】エヴァリスのヒーターのここがすごい!

皆さんこんにちは、いつも石井に器材の紹介ブログを任せっきりの器材担当・上野です。
さて、国産ヒーターメーカー・エヴァリスの工場見学に行った件につきましてはすでに石井からご報告があったかと思います。
【新宿店】器材小話 ※セール品に関しては公開当時のものです。

石井からは「きっちり計れる水温計」のご紹介がありましたが、私はエヴァリスのヒーター全般についてお話させていただきます。
お伝えしたいことはたくさんありますが企業秘密的なこともありますので、いくつかの点に絞ってご紹介します。

エヴァリスのヒーターのここがすごい!

その1.国内生産

エヴァリスのヒーターは今回私たちがお邪魔した千葉県某所の工場にて生産されています。現地の方々が黙々と作業していらっしゃいました。
アクアリウム用の製品のみならず、私たちの身の回りのものもそのほとんどが国外生産品となっています。
そんな中、国内生産にこだわるところに生体の命を預かるヒーターメーカーとしての意地を感じますね。

その2.全数検査の実施

工場で生産されたヒーターは全て検査を受けてから出荷されます。
「そんなの当たり前じゃないの?」と思われるかもしれませんが、
ひとつひとつの製品を検査するのにはかなりの手間と時間、そしてコストがかかります。
こうした努力がエヴァリス製品の信頼性を高めています。

その3.確実に作動するヒューズ

現在生産されているヒーターはメーカーを問わず、必ず空焚き防止機能がついています。
空焚き状態が続くとヒューズが切れて通電を止めてくれます。
しかし、ヒーターの構造上片側から熱が伝わるのでヒューズの種類によっては完全に切れずに通電が続いてしまうものがあります。これがとても危険なんですね。加えてその後普通に使えてしまったりするので、ある日突然に故障して飼い主の知らぬ間に生きものがダメージを負ってしまったり、故障原因との因果関係が掴めなかったりします。
エヴァリスのヒューズは完全に切れる構造のものが採用されているので安心です。

簡単ではありますが、エヴァリスのヒーターのオススメポイントをご紹介させていただきました!
今回工場見学をして、本当に丁寧に作られているということを実感しました。
ヒーター管の中の砂は必ず均一に入る工夫がされている点、一度にまとまった数を作るので作ったタイミングによって品質に差が出ないような原料選びと技術がなされている点なども非常に印象深いものでした。
ヒーターの事故は飼っている生きものの命を失うだけではなく、私達の命までも奪いかねない大変危険なものです。
エヴァリスのヒーターのように信頼性の高いものを使いましょう。

最後に、エヴァリスの方からのお願いでもあるのですが、日常のメンテナンスの重要性をお伝えしたいと思います。
再三申し上げている通り、ヒーターは生体の生死に直接関わる器材です。
定期的に交換するのは当然として、日頃から正常に作動しているかチェックしたり、掃除したりすることが需要です。
例えば、ヒーターを長く使っているとヒーターとヒーターカバーの間にゴミが溜まったり、
カルシウム分が付着してセンサーが誤作動を起こすことがあります。
そういった不具合を避けるために、定期的にカバーを外して掃除をしましょう。
エヴァリスのヒーターカバーは使い始めは固くて外しにくいですが、
使っている間に水を含んで柔らかくなり、外しやすくなりますので、掃除も簡単です。
(使用中に外れてしまうといったことはないのでご安心ください)
メンテナンスをしっかり行って、安全にアクアリウムを楽しみましょう!
新宿店器材担当・上野でした。

 

以下、参加者募集中の「森の寺子屋」の告知です。

森の寺子屋「実演!36㎝水槽レイアウト!」を開催いたします!

36㎝水槽は小型水槽の部類に入りますがやれることはとても多くて、本気で作るとそれはそれは美しい水景が出来上がります。大きさはもちろん、重さも常識の範囲内(笑)なので割と気軽に設置できるのも良いところ。

僕も大好きなサイズです。技術的にも小型からやっている方の方が上手な気がします。スペース管理とか、水量と水質とかの感覚が養われるんですね。多分。

アクアリウム的「フットサル出身者の足技は凄い。」みたいなことでしょうか。

、、

、、、

「違うか。」

今回はソイルとCO2添加機器を使用した本格的な水草レイアウトを予定していて、すっからかんの状態から器材セッティング、レイアウトの一部始終をお見せ致します!

↑以前森の寺子屋で制作した30㎝

「イチから始めたい!けどすぐ上手になりたい!」というロケットスタートなお客さまや「CO2添加がなんとなく億劫」というお客さまには特におすすめの内容でお届けいたします。

今回のメイン素材は流木

テーマは「深緑」

↑砂で制作した36㎝

【日時】2017年4月30日(日)15:00~17:30頃
【場所】アクアフォレスト近辺の会場
※14:50までに店頭へ集合してください。スタッフが会場までご案内いたします。
【講師】いしい・八田
【定員】10名限定
【参加費】3000円
※開催日に店頭にてお支払いください。
※定員になり次第、締め切りとさせていただきます。
※外部会場を借りているため、キャンセルされた場合はキャンセル料をいただきます。
当日から5日前までは全額、7日前までは半額請求させていただきます。予めご了承の上、ご予約ください。
どうぞ、よろしくお願い致します。





お名前 (必須)

お電話番号 (必須)

※入力に誤りがあるとこちらからご連絡ができません。ご確認をお願いします。

メールアドレス (必須)

※入力に誤りがあるとこちらからご連絡ができません。ご確認をお願いします。

参加人数(必須)

備考(何かあればご自由にお書きください)

 

 

Return Top