アクアフォレスト

熱帯魚と水草の専門店

新宿

【新宿店】黄虎石系岩組レイアウト!

【新宿店】黄虎石系岩組レイアウト!

みなさんこんにちは!
アクアフォレストメンテナンス事業部の轟です!

店頭60㎝水槽をリセットしました。
これから暑くなる時期ですので、清涼感がでるようシンプルなレイアウトを作りました。

今回使用した素材は黄虎石です!
無数の穴が空いたような独特の風情が魅力のユニークな石です。

それでは、制作風景を順を追ってご紹介いたします↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

まずはベースとなる部分です。
いつものようにADA社パワーサンドを一番下に…
では無く、現在開発中のオリジナルベース肥料の実験台になります。
使用量の目安がまだないので、とりあえず100g程ソイルに混ぜてみました。
はたしてどうなることやら???

構図は左側が高くなる三角構図。
右側と正面から見える位置に水槽があるのでこの構図にしました。

そこそこソイルを盛っていきたいので、まずは一段目から組み上げていきます。
通常ですとレイアウトのメインとなる一番大きな石から組むのが定石ですが、そうするとソイルを高く盛ることが出来ないので、下部から組み上げていきます。

ある程度組んだら、後方からソイルを足していきます。
いきなり大量に入れると惨事が起こるので、ちょっとずつ入れていきます。

石と石の間には、小さな石を入れてソイルの流出を防いでいきます。
今回は化粧砂との敷き分けはしないので、ある程度ラフにやっても大丈夫です。

ソイルで高さを出したら、いよいよメインの石を入れます。
下に小石を挟みながら、角度を調節していきます。
ぐらつかいないようしっかりと固定しておかないと、注水時等に崩れてくるので注意しましょう!

この水槽は右側からも見るので、横からの見栄えも考えながら組んでいきます。
横からみると結構盛っている感がありますね!

全体のバランスを見ながら、小石を置いていきます。
この石は柔らかいので、簡単に割ることが出来ます。
余った石を割って微調節用にいくつか用意しておくとレイアウト制作がはかどります。

小石で土留めを作りつつ、さらにソイルを盛っていきます。
一番手前にはソイルはまだ入れません。
手前側は最後に入れるようにしましょう。

↑これは重要なポイントです。
一番手前側のソイルが厚いと、圧迫感が出ますので、60cm水槽なら2㎝程度にとどめた方が良いでしょう。

微調節が終わったら、ここで初めて手前側にもソイルを入れていきます。
今回は仕上げようとしてパウダータイプのソイルを使いました。
ソイルを入れる際は、随時小石を使いながら土留めを作りながら追加します。


構図組が終わったら、いよいよ水草の植栽です。
まずは全体をしっかりと霧吹きで湿らせます。
湿らせた方が水草が植えやすく、またソイルが締まるので安定します。

使用する水草は3種類です。
前景・キューバパールグラス 4鉢
中景・ショートヘアーグラス 3鉢
後景・ヘアーグラス 2束
シンプルな構図なので、植栽もシンプルにします。
ポイントは2種類のヘアーグラスを使う点です。
ショートヘアーは背丈2~4㎝程度ですが、ヘアーグラスは5~8㎝程度と長いのが特徴です。
葉の雰囲気は一緒で、背丈だけ違います。
メインの石の後ろだけ、ヘアーグラスを植えて高さのコントラストをさらに強調する狙いです。

水草はしっかり根を下ろすと土留めとしても機能します。
そのため、今回のようなソイルを盛り上げるレイアウトの場合は密植することが重要です。

水草を植えたら、注水していきましょう。
ソイルが舞って濁る&レイアウトが壊れてしまうので、キッチンペーパーを敷いてゆっくりと入れていきます。
それでも、ある程度濁ると思いますので、何度か水を換えて透明にします。

完成!
水槽データ
サイズ:60㎝
ライト:ADAアクアスカイムーン601
ろ過:エーハイム2213
CO2:1秒/1.5滴
底床:ADAアクアソイルアマゾニア9リットル、ADAアクアソイルアマゾニアパウダー3リットル

新宿店の入り口にて展示中なので、ご来店の際はぜひご覧ください!
メンテナンス方法等、なにかご質問がございましたらお気軽にお問合せください!

アクアフォレスト出張サービス

アクアフォレストではお客様のご希望に合わせ、豊富な経験と知識で様々なご要望にお答えします。
水草レイアウトの制作はもちろん、雑誌撮影や各種イベント用水槽の設置なども承ります。
水草、熱帯魚のことに関してご要望がございましたら、まずは一度ご相談ください。
ご相談、お見積りは無料です。

Return Top