アクアフォレスト

熱帯魚と水草の専門店

レイアウト画像

【メンテナンス】出張リセットに行って参りました!

みなさんこんにちは!
アクアフォレストメンテナンス事業部の轟です!

お客様宅へ水槽のリセットに行って参りました!
なので今日はその模様をお伝えしようと思います。

今回はどちらのお客様もソイル→砂へ変更しました。
確かにソイルのほうが水草は育ちますが、日頃のメンテ&長期維持を考えると砂も十分に視野に入ると思います。
それくらい管理が楽になることがありますよ!
この草はソイル向き、こっちは砂でも全然大丈夫。。
と水草によって向き不向きがありますので、砂や砂利で水草水槽をご検討の方は、ぜひご相談ください!!

※リセットとは。。
今ある水槽を空にしてもう一度セットする作業の事

一件目はこちら。60㎝レギュラー水槽です。
シンプルに凸型構図にしました。
エンゼルとコリ、そしてテトラ・オーロが優雅に泳いでくれる水景を目指しました。
テトラ・オーロは小型種ですが、意外と気が強いのでエンゼルのタンクメイトとしてオススメです。
混泳のコツは小さいうちから一緒に飼育することです!

後景にハイグロフィラ・ピンナティフィダを植えた以外は活着系水草でまとめました。
成長が緩やかな種類が多いので水景として仕上がるまで、少し時間がかかりますがその分長期間楽しめます。
それぞれ小さな小石に巻気つけたので、動かそうと思えばいつでも配置換えができるようにしました。
巻きつける際は、ビニタイと糸を使いましたが、どの角度から見ても活着素材が見えないようになっています。


さっそくいれたエンゼル君たち
ビックリして色が飛んでいますが、リセット前はキレイに黄色が出てました。
手前のコリはシクリです。ごま塩柄が可愛いでしょ!

お次はこちら。
60㎝×45㎝×45㎝
お部屋の右奥に設置してあるので、▲構図にてレイアウトしました。
クモの足のような枝振りの良い流木を2本組み合わせてあります。
所々アクセントにAn・ナナミニを巻き付けました。

配植はシンプルに、ヘアーグラス、ピグミーチェーンサジタリア、スクリューバリス、E・ウルグアイエンシス、E・ホレマニーレッドとロゼット系水草でまとめました。
傾斜が急なのでなるべく密植して水草で土留めを作るようになっています。
↑はヘアーグラスです。まさに田植え!

最近ではあまり使われなくなった水草「ピグミーチェーンサジタリア」です。
バリスネリアではちょっと大きいな。。。、中景にストレートラインの水草でワンポイント欲しい。。。なんて時に重宝します。
砂利系でも十分育成出来ますよ!

アクアフォレスト出張サービス

アクアフォレストではお客様のご希望に合わせ、豊富な経験と知識で様々なご要望にお答えします。
水草レイアウトの制作はもちろん、雑誌撮影や各種イベント用水槽の設置なども承ります。
水草、熱帯魚のことに関してご要望がございましたら、まずは一度ご相談ください。
ご相談、お見積りは無料です。

Return Top