アクアフォレスト

熱帯魚と水草の専門店

新宿

【新宿店】可能性を感じる水槽が入荷いたしました。

今日は「バスの日」

こんにちはほのぼのブログのいしいです。

今日は楽しみ方イロイロな水槽が新入荷したのでご紹介させて頂きます。

コトブキ レグラスネイチャーシリーズ♪

前面ガラスが低くなっており、開放感あふれるレイアウトが可能なミニ水槽(←ここが大事)です。お家の玄関や職場のデスクなどチョロっとした場所に最適。そしてここは新宿

プチテラリウムプチアクアテラリウムなどにとっても良いと思います。それでは個別にご紹介いたしますね。

まずはレグラスネイチャーC150 ¥3564 15×15×15㎝ 前面7㎝(0.9L)

前面が約7㎝でその他の外寸が15㎝になっている水槽です。初めて見たときに思わず「ごす。」と言ったのがこのモデルです。ちなみに「ごす。」はいしい界隈でごちそうさまですの略です。

 

お次がレグラスネイチャーC200 ¥4320 20×20×20㎝ 前面8㎝ (2.4L)

同じ設計の外寸20㎝タイプですね。水深も1㎝位深く出来そうです。ポンプで水を配ってアクアテラ作るならこのモデルが良さげですね。

 

お次はレグラスネイチャーS200 ¥4536 20×16×20㎝ 前面両側共8㎝(2.2L 置き方で若干変動します。)

こちらはSタイプ。上面にもガラスが接合されていて、レイアウトによって置き方を変えられるというコンセプトの様です。その他に開放部分が減るので若干ですが湿度を保ちやすいことや光を大きく遮らない程度に上に植物などを配置できるのがメリットだと思います。デメリットは上面が天井になってしまい素材や植物が飛び出るダイナミックなレイアウトができないことや両縁で渡すライトが置けないことなどでしょうか。

↓こちらは奥行きを生かした置き方。

 

最後はレグラスネイチャーS300 ¥5724 30×16×20㎝ 前面両側共8㎝(3.3L)

基本的な設計はS200と同じで前面も両側とも8㎝の様ですね。

 

 

せっかくなのでさっそく試しに1個作ってみました!ジャジャジャン♪なかなかいいですよね♪

今回使ったのはC150でせっかくの開放タイプなので流木と植物をかる〜く飛び出させてみました。

足元には流木の固定と装飾の意味で黒溶岩石を配置しています。それから数種類の水草水上葉と乾燥に強い陸上ゴケ、観葉植物を植栽しました。前景にはグロッソスティグマを植えて「ジェントス そだつライト」を当てています。うまく絨毯になるといいな♪

 

本日は「3 連休分入荷!たくさんのご来店本当にありがとうございました!!」でお別れです。みなさまのご来店心よりお待ちいたしております。

Return Top