アクアフォレスト

熱帯魚と水草の専門店

新宿

【新宿店】新刊と素材の入荷、AGSのレイアウト。

今日は「ミステリーの日」。

こんにちは、ほのぼのブログのいしいです。

 

それではザァーッと行きます。

まずは新刊!

アクアライフアクアジャーナルが届いております!中々告知を出せない事も多いのですが新刊の入荷情報が流れだしたら大体ウチにも来てます(笑)ハイ、他力本願ー。 ↑はアクアライフより。メダカの最前線はこんな風になってきているんですねー。今回の新刊は全体の4割弱がフルカラーのメダカ特集!多分好きになっちゃいますよ(笑)コチラは去年からのロングセラーでその名も「メダカ飼いたい新書」。8年間もの間のメダカ記事をぎゅぎゅっと凝縮した合本でございます。ご一緒にいかがですか。
今度はアクアジャーナルより。思わず「ごす。」と言いたくなるような緑と赤の応酬。例のリスボン海洋水族館の40m水槽が特集のようですね。そうそう、ADA好きの方は既にご存知かもしれませんが来月の上旬から年明けまで東京ドームシティで「NATURE AQUARIUM展」が開催されます。新潟の本社から10本以上ものNA水槽を移動させるそうです。それから、故・天野尚氏が撮影された数々の風景写真も展示されるということです。本気度がすごいですね♪新宿店では店頭にて同イベントの割引クーポン付きのチラシをお渡ししています。無くなり次第終了となりますのでお越しの際は是非お持ちくださいね。

それから、今回のアクアジャーナルには最後に気になる記載が。大ザックリとご説明すると、今後本のカタチが変わるようですね。ずーっと集め続けている方には結構大きなニュースかもしれません。詳細が決まり次第またご案内させていただきます!

 

お話は変わりまして、先日ご案内した「グラステリアAGS」のホワイトですが、最近お問合せが増えています。

水槽本体、LED照明、ろ過フィルターを筐体内にスッキリ収めたオールインワン水槽で、熱帯魚を飼うためによくヒーターとともにご案内させていただいております。
ちょうど展示で出していた黒AGSがリセット期に差し掛かっていたのでいい機会ですし、やっちまいます。水槽を洗い終わった空の状態。ヒーターとCO2は背面に入るのでコンパクトながら実は自由度が高い水槽です。
ちっさい溶岩石が使って欲しそうにこっちを見ていたのでドーナツにしてみました。石同士の接着はMX BON石とモスはクイックジェルにて。↑MX BON(エムエックスボン)
↑クイックジェル
簡単な敷き分けをするので流入防止とかさ上げを兼ねてキングマットを敷きました。
その後にドーナッツの周りに一層目のプラチナソイルパウダーを敷いて平滑に。盛り上げる右奥は段差になる溶岩石を置いてせき止め用にここでもキングマット。
もう少し溶岩石を配置して植栽したらレイアウトは完成です。使ったのは前からウィローモス、ショートヘアーグラス、ブリクサショートリーフ、レッドカボンバ、バリスネリアナナ、ドワーフフロッグピットです。今のところ(笑)。

お水の確認をしてお魚を導入した現在の様子。初心者の方には分かりづらい器材選びがほぼ必要ないのがAGSのいいところ。ただ、今回は熱帯魚を入れて水草も育てられる仕様にしたのでAGS本体に数点器材を追加しています。
ヒーターにスタンディ55。縦置き可能を謳っているコンパクトなヒーターです。最初はエヴァリスにしようかと思ったのですが今回はどうしても背面に隠したかったのでこちらをチョイス。設置場所やサイズに制約を受ける場合はオススメです。
CO2にはフルセットキューブセカンドを使いました。エントリーモデルとしては非常にいいと思います。ちゃんと規格に則って作られているので、気に入らない部分が出てきたらそこだけ交換してあげてください。スピコン目立ちすぎとか、ガラスの拡散器が使いたいとか。
最後に正面からパシャ。フィルターやパイプ、ヒーターやCO2などがほとんど気になりません。そういう水槽って眺めていても水景に没頭できますよね。

 

 

さて、本日最後のトピックは素材ちゃんの入荷ちゃんです。先日ご案内したアク抜き、沈化処理済み流木M~LLサイズですが3連休前に第2便をご用意する事ができました。ご覧のとおり。

ブログ掲載から数日あまりで箱の中の大体半分くらいが無くなってしまいました。しかもいいやつから(笑)そりゃそうだ。

今ならたっぷりの中からしっかり選べますよー。

 

それから新宿サブナード4丁目側入口のエスカレーター脇水槽リセットに伴い、国産川底石系素材の在庫を強化いたしました。 60の親石もこなせそうなサイズから、、、
手のひらに収まるサイズと、、、
ちょっとオトクなパック販売。
玉砂利サイズと、、、
各メーカー品やオリジナルの底砂!

エスカレーター脇水槽は後日担当からご案内があるかと思います。是非これらの素材を駆使して川底レイアウトにチャレンジしてみてください♪

本日は「ロックシュリンプの夫婦」でお別れです。

みなさまのご来店心よりお待ちいたしております。

Return Top