アクアフォレスト

熱帯魚と水草の専門店

新宿

【新宿店】いいものアワード 2017

今日は「胃腸の日」。

こんにちは、ほのぼのブログのいしいです。

冒頭の「今日は何の日」ってちょうど1年ほど前に「事始め」の節句を話題に出してからなんですけど、、、もう1年ですか。

今年も残すところあと3週間。本当に早いものですね。そして2017年は新しくお取り扱いを始めた商品が数多くありました。

今日はそんな商品たちを独断と偏見によるランキング形式で一挙に発表してしまおうと思います。

それでは、、、

第10位 国産川底石
想像以上の需要があって私達も驚いております(笑)日本の急勾配を流れ落ちることによって角が削られた石ですね。数ある石の中でもとりわけ強い自然のエネルギーを感じます。丸い石なのに不思議ですね。写実的なレイアウトを作る上でもズバ抜けて再現性の高い素材だと思います。メダカや金魚のカンタンな水槽レイアウトはもちろん、店頭ではこんな本格レイアウト水槽のPOPをお出ししているせいなのかじっくりを素材を吟味されているお客さまの姿をよくお見かけします。

皆様も川底レイアウトにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

第9位 ハイグロロン 過去の掲載ブログはこちら!
定期的にブログをチェックして頂いている皆様にはもうお馴染みの吸水布ですね。植物の新しい見せ方を確立した画期的な商品だと思います。海外では結構普及しているみたいで、動画なんかでは海外の猛者たちがこれで水槽を魔改造してそれはそれは見事なパルダを作りあげています。ハイグロロンのスペルは「hygrolon」(丸投げ)。うちでも結構詳しいブログを過去に公開しているので気になる方は上のリンクからどうぞ。

関連商品のエピウェブやモスミックスのリンクはこちら!

エピウェブ!

モスミックス!

 

第8位 クリアウォーター 過去の掲載ブログはこちら!劇薬。衝撃度で言えばぶっちぎりのナンバーワンです。効果は凄すぎるほど凄いです。。。フィルターが稼働している水槽の水がパッキパキの透明になります。

凝集剤といって、普段水を濁らせている物質をフィルターに引っかかるレベルまで大きく固めます。以前スポンジフィルターを動かしている空水槽で実験してみたらゼラチン状に析出した物質が観察できました。

ただし用法と用量には本ッ当に気を付けてください!特にコイの仲間とかシクリッド類、エビなんかがいる水槽は要注意です。

いい商品ですけどね、お店では基本使ってません。使わずにパッキパキの澄んだ水を作るのが熱帯魚屋さんなのです。んふふ、、、

 

第7位 エコボン 過去の掲載ブログはこちら!一般的な74g汎用ボンベ用のCO2レギュレーターにDo!aquaなどでお馴染みの安価な約38gボンベが入るように変換するキットです。

同梱しているボンベスタンドがまた優秀。

【お取り扱いボンベの参考価格】

AIネット 74g汎用ボンベ新瓶 1本 915円

ノーブランド 38gボンベリユース瓶 1本 298円

半分の容量ですがコスパはやはり圧倒的。ボンベの品質は当店で実証済みなのでご安心ください。この他にADAの小型レギュレーターを汎用ボンベに変換するアタッチメントもあります。

 

第6位 クイックジェル 過去の掲載ブログはこちら!水草を痛めない瞬間接着剤です。水で反応する辺りしっかり考えられていると感じます!ミスト式なんかで立ち上げる方はモスは乗っけとくだけで勝手に活着してくれることと思いますが、店頭でラップを掛けて数か月ほったらかしにする訳にはいかないので我々が「助かちった♡」というアイテムです。複雑だったり大きかったりする素材では水草を活着させるのが非常に手間だったので凄くいいです。

レイアウト前に用意しておくべきマストアイテムに食い込んできましたよね。

 

第5位 CO2アドバンスシステムフォレスト 過去の掲載ブログはこちら!必要な物だけの構成になって非常にスマートに。洗礼された内容で価格もダウン。カイゼンとはまさにこのこと。
オトシンがハマらないディフューザー、メタルのスタンド、内臓型カウンター、、、
お客さまが求めているのってズバリそういう事だと思います。ただ、ジョイントグラスは価格を上げてでも入れて欲しかったかな。

 

第4位 国産パルダリウムケージいつも特注の水槽とキャビネットをお願いしているありがたーいメーカーさんが遂にパルダリウムケージに進出。様々な寸法と加工が可能なものとしてはほぼ唯一のパルダケージだと思います。当店では上の画像のコンパクトな20×20×30㎝を在庫しています。少し前に作ったレイアウトに作った様子。このサイズ・価格でパルダを試せるのは嬉しい限りですよね。

 

第3位 底物ぱくぱくベジタブル/プロテインこれは自画自賛ですね。会心の出来です、ええ。

用途が広いベジタブルの方が特に人気を集めているようですね。この間の活きブラインの件よろしく販売水槽のお魚たちにはこだわりのエサをあげていて滅多なことでは変えないのですがベジタブルは厳しい選考の末に採用となりました(笑)是非お試しください!1位も併せて、、、

 

第2位 アルジサプレス
多くのコケの原因になるリン酸を吸着する化学ろ材です。コケを枯らしにかかるのではなく、原因物質を吸着してしまうというアプローチのなので水草やモスにも安心。もちろん生きものにも。

リン酸は主に人工飼料から必要量以上に入ってしまいます。植物にとっては特に花を咲かせる時に消費する栄養素なので葉を楽しむ水草水槽でお魚を飼っているとどうしても過剰供給気味に、、、
これ一つで30㎝水槽に1~2ヶ月の効果があります。ただ、この手の吸着ろ材は飽和量に達するまで吸着を続ける性質があるので今キレイに管理出来ている水槽にもオススメできる逸品です。
夏の大抽選会の配布景品でディフェンディングチャンピオンの「お魚ぱくぱく」より先に無くなったのにはびっくり仰天しました。

 

第1位 ミジンコ(ゾウリムシ) スミマセン!色々考えましたが結局今年は完全にこやつの年でした。アクアリウム的君の名は。」です。違うかッ!

いっぱい増やして愛魚に活きエサをあげましょう。

アロワナとかがそうなのですが、活きエサに高栄養価や色揚げ効果の高いものをあげて目的の魚にそれを食べさせるという考え方がありますよね。

ミジンコのエサとしてお出ししている物が緑色の植物質100%パウダーなのでこれでお魚にも間接的に植物質を供給出来ると思います。

そうそう、ワイルド物のお魚なんかはそう都合よくコンスタントに食事にありつける訳ではないでしょうから、きっとコケやらくずになった葉っぱやらをついばんでいると思うんですよね。たぶん。

一方で彼らはブリード物には無い色彩や猛々しさの表現を持っているので魔訶不思議です。

 

エサ経由で植物質を入れることで普段の飼育と何かが変わらないかなーとちょっぴり楽しみないしいです。

 

 

、、、さていかがだったでしょうか?来年もスペクタクルな商品をたくさんご紹介できればいいなと思います。

本日は「皆さんと同じ目線・方法で管理しているのでそりゃこういうことだってありますよ!ドンッ!」でお別れです(笑)

みなさまのご来店心よりお待ちいたしております。

Return Top