アクアフォレスト

熱帯魚と水草の専門店

ソラマチ

【ソラマチ店】テラリウムを制作しました。

皆さんこんにちわ。

東京本日は晴れ。

アクアフォレストソラマチ店では1月1日~1月8日まで
新春アクアリウムフェアを開催しています。

器材、生体、水草を特価で販売しておりますので
是非ソラマチ店にお越し下さい。

それでは新年一発目のレイアウト水槽のご紹介。
今回使用する器材はADAの姉妹ブランドDOOAのシステムテラ30を使用します。
水槽サイズは(W)30×(D)30×(H)40の背高水槽です。
(正面部の高さは13㎝で約10ℓの水量が確保できます。)
テラリウム用の水槽と言う事もあり、
背面はブラック使用で水上部の植物がより際立つような作りになっています。
ガラスはクリアガラスを使用しているので水中の透明度は抜群です。
ライトはソルスタンドGを使用します。(アクアスカイG301も使用可能)
アクアスカイG301と同等の光量を確保できるので、水中の水草も問題なく育成できます。

スタンドタイプなため固定器具が必要になりますが、
ライト本体を上下左右にスライドできるので、メンテナンス性、機能性、美観性にとても優れいます。

ライトON・OFFはタッチセンサー式、ライト本体と電源コードの脱着はマグネット式と
こちらも使い勝手が良い仕様になっています。
背面にフィルターがあり、活性炭などを入れる事が出来ます。
ポンプ部と独立したフィルターボックスを内蔵しているのでろ過能力も抜群です。

排水パイプとノズルの中間には、流量調整器が付いているでお好みの流量を調整できます。
フィルターボックスにはヒーターも入れる事が可能です。
フィルターボックスの蓋には左右にスリットが入っているので、
ポンプ、ヒーター、ミスト器などの配線乱れで美観を損ねることがありません。

水槽背面に設置するモスマットです。
通水性が良く適度な凹凸があるのでウィロモスも活着しやすくなっています。
ピンセットなどで穴を空けて、水草などを植栽しても面白いかもしれませんね。
モスマットは6つ装着でき、侘び草も取り付ける事が可能です。
黒いポッチでしっかりと固定できます。
給水スリットもシンプルな作りになってます。
左側面にはスリットが入っており、CO2機器を設置することが可能です。
この点はさすがADA、水中の水草もしっかり育成できる仕様になっています。
低床はADAコロラドサンドを使用します。
暖色系の砂利なので、底床の汚れが目立ちにくくテラリウムを作るのに最適です。
構図骨格には人気の枝状の流木を使用します。
水中での使用はもちろん、陸上部分の構図骨格としても使いやすいですよ。流木を何本か組み合わせて一本の木に見立てます。
右側にはしっかりと遊泳スペースを作ります。構図が決まったら注水します。
まだ流木と石しか入っていませんが、
イメージとしてはジャングルにそびえたつ一本の樹木とその植物達といった感じです。
ポンプの電源を入れてフィルターボックスの中に水を入れます。
フィルターボックスが満水になると、左上方のスリットから水が流れ
ステーを伝って背面マットに水が染み渡ります。
マットにウィロモスを巻き付けて背面にはめ込みます。
巻き付けが面倒な方には侘び草モスマットがお勧めです。

背面にモスマットを配置しただけですが、なかなか良い感じになっています。
ウィロモスの乾燥を防ぐ為、
排水口に沿うようにウィロモスを配置するのがお勧めです。
ADA侘び草を配置と言いたいところですが、少しアレンジを加え観葉測物を配置します。

水草と観葉植物をコラボさせることでジャングルの雰囲気を演出。
テーブルヤシが良いアクセントになっていますね。 この水槽、上から覗いて観賞するのにも向いています。
お魚はレッドテトラ、マジナータスペンシル、
蛍テトラ、チェッカーボードシクリッドを選択。
これで完成です。

今回はアクアフォレスト風にアレンジを加え観葉植物を使用しましたが、
このシステムテラ30と侘び草シリーズを使用すれば
初心者の方でも簡単にテラリウムを作ることが出来ますよ。

この水槽ですがお持ち帰り水槽として1月8日から販売を行います。

お値段ですが、器材、生体、水草、素材丸ごと一式で

1セット 79800円(*保障無し)

気になる方はアクアフォレストまで。

ご来店お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Return Top