アクアフォレスト

熱帯魚と水草の専門店

レイアウト画像

【メンテナンス】90㎝水槽の出張レイアウトに行って参りました!

みなさんこんにちは!
アクアフォレストメンテナンス事業部の轟です!

特注90㎝水槽の出張レイアウトに行って参りましたのでご紹介致します!
サイズは90㎝×25㎝×30㎝(H)
俗に言うカウンターサイズの水槽です。
パノラマ比率なので、横の広がりを意識したレイアウトにしました。
素材は青龍石系の石をメインに最近人気の枝状流木を組み合わせました。
石は面積の大きい面が見えるように配置して、安定感のある構図を目指しましたよ!
パノラマ比率の水槽は安定感のある構図の方が似合います!

右側の流木は4本をくっつけて配置しました。
最近は接着剤を使うことが多くなってきましたが、今回は結束バンドを使用しました。
時間に限りがある状況での作業が多いので、出張レイアウトで流木を固定する場合は結束バンドを使用することが多いですね。(ケースバイケースですが)
結果としてしっかりと構図組めれば良いので、ボンドも結束バンドもビニタイも一通り揃えて最適なものを使うようにしています。

キャノピーも一緒にセットしたので、配線や配管が見えないのでスッキリですよ!
キャノピーとは水槽の上に乗せるフタ兼配管、配線隠しのようなものです。
メリット、デメリットがはっきりしている商品なので好みの分かれるところですが。。。

メリット
・生体の飛び出し防止
・水の蒸発を防ぐ
・配管、配線を隠す
デメリット
・メンテ毎に外すのが面倒
・水面が見えない
・熱がこもる

マメに水槽をいじる方にとっては、毎回の取り外しが面倒なのでストレスかと思いますが、メンテスパンを長くとっている方には好評なアイテムです。
また、玄関やリビング等、第三者(特に奥様)からの視点も意識するような場所でも有用ですよ!
ライトの配線やフィルター、CO2配管が見えなくなるのは美観を考えるうえでとっても重要です。

水面を見せないようすることで美観をよくしているので(水位線に出るカルシウム跡等)水面を上から見て楽しむレイアウトが作れなくなります。また熱がこもるので夏場は注意が必要ですね。

メリットがそのままデメリットとしても考えられる商品なので、万人受けするものでは無いと思いますが、水槽上部がすっきりとまとまるので美観は大きく向上します。
見た目にこだわりのある方にはぜひ一度ご検討頂きたい商品です!

ソラマチ店、新宿店店頭にキャノピーを使用した展示水槽をご用意してありますので興味のある方は、ぜひご覧ください!
↓は新宿店に展示中の水槽です。
上蓋をADA社アクアスカイムーン601のライト部分をはめ込めるように特殊加工してあります。
配管やライトの都合に合わせて結構自由に特注加工出来ますのでお気軽にご相談ください!
ご来店お待ちしております!!

アクアフォレスト出張サービス

アクアフォレストではお客様のご希望に合わせ、豊富な経験と知識で様々なご要望にお答えします。
水草レイアウトの制作はもちろん、雑誌撮影や各種イベント用水槽の設置なども承ります。
水草、熱帯魚のことに関してご要望がございましたら、まずは一度ご相談ください。
ご相談、お見積りは無料です。

Return Top