アクアフォレスト

熱帯魚と水草の専門店

新宿

【新宿店】ミジンコ、ゾウリムシ販売中です

ミジンコ(980円)やゾウリムシ(980円)が稚魚のエサとして定番にりつつあります。
熱心なメダカユーザーさんが遠方から買いに来ていただくことも多く
ありがたい反響です。
今日は質問が多いミジンコの飼い方をご紹介したいと思います。

まずはミジンコとミジンコぱくぱくを購入してください。

飼育容器はバケツでもなんでも良いのですが
今回は麦茶を作る容器で飼育してみたいと思います。

水道水に中和剤を入れた水を容器の半分ぐらいまで入れます。   

そこに販売しているミジンコをお水ごと入れてください。
この時期は水道水も温かいので温度合わせや水合わせなどはしませんでした。
いきなりドバァーっといれても問題ないと思います。
水を換えたときにもみられる行動で、環境が変わると水底に潜ってあまり動き回りません。

早速ですがエサの準備をしましょう。
ミジンコは餌切れに弱いので1日に2回エサを与えた方が良いです。
ミジンコぱくぱくの中はこんな感じの植物質のエサが
粉状になっています。

よく混ぜるには小さめの蓋つき容器があると便利です。
この容器にエサと飼育水を入れてかき混ぜます。

餌の量はこのぐらい与えましょう。
餌一袋で何ヶ月分も入っています。

コショウのように細かい粉末なので、水に浮いてしまいます。
蓋をしてしっかりとかき混ぜましょう。
シェイクシェイクしてダマが出来ないようしっかり混ぜてください。

あとはスポイトで容器に入れてかき混ぜます。
※ミジンコは浮遊しているエサが好きなので、水底に沈んでしまった
餌をあまり食べません。

入れ方などは特になく適当に入れればOKです。
忘れずに与えることが大切です。

容器がなんとなく緑色になっていたらそれでOKです。
翌日には水が透明になっているので再度餌を与えてください。
この容器なら水換えは4~6日に一度半分から3分の2ぐらいを
換えてあげてください。

水底の澱をとるには大き目のスポイトがあると便利ですね。
残り餌や死骸などで必ず水冷に汚れが貯まります。
※ちなみにミジンコは20日ぐらいの寿命でしょっちゅう脱皮します。

水換えは流しに持って行き、容器を傾けて水を捨てます。
このときミジンコ流れでないように微生物ネットで濾しながら
水を捨てましょう。
※ミジンコは危機を感じると水底に潜るので流れ出るミジンコは少ないです。


何週間かすればかなりの数まで増やすことが出来ると思います。
急いで増やしたい方は何袋か買ってスタートすると繁殖が早いです。
光に集まる習性がありますので、懐中電灯で照らしてみると面白いですよ。
段々と愛着がわいてきてしまいますが、増えすぎると急に壊滅的な死に方をしますので
増えてきたら容器を分けて密度が高くなりすぎないようにしてあげてください。

夏休みの自由研究の題材としても面白いと思います。

Return Top