アクアフォレスト

熱帯魚と水草の専門店

新宿

【新宿店】種から育てるレイアウト

【新宿店】種から育てるレイアウト

みなさんこんにちは!
アクアフォレストメンテナンス事業部の轟です!

新宿店店頭の60cm水槽をリニューアルしました。
今回は
「種から育てるレイアウト」
です。

これから水草水槽を始める方でも、簡単に出来ます。
ぜひ読んでみてください。

今回は種をまいて芽吹くまでをご紹介します。
水を張って育てる過程はまた別の機会にご紹介しますね。

使用した水槽は60cm×30㎝×36㎝のレギュラーサイズです。
空の状態から順にご紹介していきますね!
外部式フィルターの給水口を底面直結にします。
盛り土をすると給水口をどうしても手前に持ってこなければいけないので、悪目立ちしてしまいますよね。
ガラスの配管を使えばキレイなのですが、メンテナンスが大変、、、
底面直結にすれば後ろ側に隠せるので便利ですよ。

ソイルの嵩増しをするため、軽石&洗濯ネットを下に仕込みます。
以前から使いまわしているので、種バクテリアが多少ついているはず。

石を入れる前に6リットル程ソイルを入れました。
・石を安定させる台座
・底面ガラスの保護
を目的としています。
ポイントは最前面は薄くすることです。
手前のソイルが厚いと見苦しいですよ。

ここから石を組んでいきます。
今回は山肌のような雰囲気を目指します。

石を入れる→バランスを見る
を繰り返して石を追加していきます。
徐々にソイルを足して高さを出すこともお忘れなく!

これで左側は終了です。
続いて右側を作っていきます。
右側も終了です。
右側を作りながらバランスを見て、左側も修正しました。


最後に小石を散らすように入れます。
大きな石だけでなく、小さな石も組み合わせることで自然観がアップしますよ。
特に中央の道の部分は仕上げに小石を散らすことでバランスを調整すると、キレイに仕上がると思います。

これで構図組は終了です。
続いて「種」をまきます。
こいつをまきます。
60㎝×30㎝の面積なら3袋で丁度良いくらいです。

静電気で手にくっ付いてしまうので、袋のままでまくようにすると上手にまけますよ!
全体に均等に行き渡るように少しづつまきましょう。

ちょっと偏ってしまいました。
まぁ良しとしましょう。
最後に霧吹きでたっぷりお水をまきましょう。
完成!
ちょー簡単です。
初心者の方でも簡単に出来ますよ!

一週間で芽がでました。
ライトが壊れて変な色味のライトで代用しています。

しばらくはサランラップで密閉します。
・保湿
・保温
を意識して2日一回程度霧吹きをして空気を入れ替えています。
ある程度、気温が無いと芽吹かないので注意しましょう。

今回、蒔いたのは「ベビーハイグロ」として流通している水草の種です。
恐らくはタイガーハイグロと同種だと思いますので、やがて大きくなってしまいます。
そのため、レイアウトの見た目を長期間維持するのは難しいと思います。
しかし、簡単に出来るので初心者の方がこれから始めるレイアウトとしては打ってつけなのではないでしょうか?

しばらく新宿店にて展示していますので、ご来店の際は見てみてください!
よろしくお願い致します。

アクアフォレスト出張サービス

アクアフォレストではお客様のご希望に合わせ、豊富な経験と知識で様々なご要望にお答えします。
水草レイアウトの制作はもちろん、雑誌撮影や各種イベント用水槽の設置なども承ります。
水草、熱帯魚のことに関してご要望がございましたら、まずは一度ご相談ください。
ご相談、お見積りは無料です。

Return Top