アクアフォレスト

熱帯魚と水草の専門店

新宿

【新宿店】アクアリストの睡蓮の植え付け方!

睡蓮が楽しめる時期になってきました!
難しそうという、手間がかかるというイメージがありますが
15年以上試行錯誤してみた結果アクアリウム用のソイルを使えば
簡単に管理できることが分かりました。
冬のうちに泥や砂を配合し、時間をかけて練り上げるなど入念な準備をした方が良いと
記述を見かけますがそこまでしなくても十分楽しめます!

実際何年も維持している方法をご紹介します。
5月中旬に新しいスイレンを導入した時の画像です。
用意するのは
直径40cmぐらいの大きな鉢
7号の内鉢
プラチナソイル
ローズマット
AF底床肥料セット
スイレン
です。

 

水槽用のローズマットを鉢のサイズに切って準備します。

ローズマットの綿の厚さだと少し厚すぎるので半分程度の厚さにします。
半分ぐらいの厚さになるように剥がそうと引っ張ると簡単に2枚になります。

鉢は市販のプラ鉢でOKです。
直径20㎝ぐらいの6-8号

丸く切る必要もなく鉢底より大きめサイズで四角く切ったマットを
底に押し込みます。

 

まずはソイルを2-3センチ分薄く敷きます。

 

 

AF底床肥料セットを全部入れます。
適当のばら撒けばOKです。

 

 

あとは鉢の9割ぐらいまでソイルを入れれば準備OKです。

 

 

 

今回用意した株です。
塊茎もしっかりしていて状態良好な感じです。
もっと小さい株でも葉が4枚ぐらい出ていれば
問題無く育ちます。

 

 

手で穴を掘って株を植え付けました。
葉が出てくる根元の部分を埋めないように
すればOKです。

 

 

あとは大きな鉢にそっと沈めれば準備OKです。
ボウフラ対策にメダカ、コケ対策にタニシを入れると
管理しやすいと思います。
蒸発した水をこまめに足し、2-3週に一度半分ぐらい水換えを
してあげると状態よく管理出来ます。
花が咲き始めたら、1か月ごとに追肥をすると
沢山の花を楽しめます。

水質浄化補助として手で持っているEBBボールなどを
入れておくと微生物が発生しやすく、メダカも調子よくなります。

 

 

てんないではスイレン、水辺植物コーナーを作り始めました!

睡蓮も何種類か花が咲いていますので癒されます。
左がミスサイアム、右の小さい二つがジョアンナプリングです。

Return Top