アクアフォレスト

熱帯魚と水草の専門店

レイアウト画像

【メンテナンス】120cm水槽と90cm水槽の出張レイアウトに行って参りました!

みなさんこんにちは!
アクアフォレストメンテナンス事業部の轟です!

120cm水槽と90cm水槽の出張レイアウトに行って参りましたので水槽をご紹介します。

今回は水槽の引っ越しも兼ねての作業でしたので、1日目水槽移動、2日目レイアウト制作と作業日を2日間に分けてお仕事させていただきました。

まずは120cmからご紹介いたします。

こちらは部屋の左隅に設置したので、左側に重心を持ってきた三角構図にしました。

もともとお魚がたくさん入ってたので、遊泳スペースを広く取るために、凸構図の要素も取り入れてみました。

重心部分にはタイガーロータスを配置して、今後は、時間の経過と共に浮葉を楽しめるようにしましたよ。

写っていませんが、ライトはADAソーラーⅠ2台、ADAソーラーRGB1台を使っているので、水面からの眺めも楽しめます。

カラシンを中心とした混泳水槽です。

久しぶりにこんなに珍カラを見ました!

なんとも贅沢な混泳ですね!

なので、なるべくお魚を見せるように前景は化粧砂で明るく演出してみました。

カラシン系は明るい環境でも色が飛びづらいので化粧砂と相性が良いですよ。

続いては90cm水槽です。

こちらはどっしりとした流木を使って凸構図にしました。

お部屋の中央付近にあるので、左右から見ても圧迫感を感じないようにボリュームの出る水草は中央にのみ配置してあります。

設置場所的に水槽正面から見るよりも、サイドや斜めから見る時間の方が多い場所なのかなと思ったので、斜めから見た方が映えるようにデザインしてみました。

正面から見るとこんな感じです。

こちらの水槽はコイ科がメインです。

120cmもそうですが、通好みのお魚が数多く入っていたのでキーパーの方のお魚愛を感じましたね。

成魚まで仕上がっている「プンティウス・リネアートゥス」を久しぶりに見ました!

120cmの方がタイガーロータスを主役にしたワイルドなデザインなので、こちらは有茎草をメインにした柔らかな雰囲気にしてみました。

その分、流木は大き目のどっしりとした形のものにしてバランスをとっています。

どちらの水槽もこれからの仕上がりが楽しみです!

ちなみに今回は引越だったので、お魚をすぐに入れました。

移動前の水槽の水をポリタンでキープして一緒に持ってきています。

フィルターのろ材をあまり洗わないようにすると、水質の変化を最小限に抑えられますよ。

アクアフォレスト出張サービス

アクアフォレストではお客様のご希望に合わせ、豊富な経験と知識で様々なご要望にお答えします。
水草レイアウトの制作はもちろん、雑誌撮影や各種イベント用水槽の設置なども承ります。
水草、熱帯魚のことに関してご要望がございましたら、まずは一度ご相談ください。
ご相談、お見積りは無料です。

Return Top