アクアフォレスト

熱帯魚と水草の専門店

新宿

【新宿店】写真付きお魚紹介です♪(前編)

ダイアモンドフレームテトラ 独便/養殖 実長2.5cm 価格580 ヨーロッパで作出されたフレームテトラ。原種よりも鮮やかな赤い体色に加え、身体の前半部が金色に輝く、美しい改良品種。購入直後は一旦色が褪めますが、改良種のためすぐに綺麗な発色を取り戻します。性格は温和で混泳も可能。エサはブラインなど腹に溜まらないものを除き少なめに与えるのがコツで、アカムシや人工飼料などは必要以上に与え過ぎるとエロモナス症の発症リスクを高めます。
(B面上段)

 

 

 

ミクロラスボラ・エリスロミクロン XLサイズ 台湾/養殖 実長2.5cm 価格750ミャンマー原産の小型のコイの仲間。遠巻きに見ると渋い魚ですが、クローズアップしてみるとオス個体は紺~紫色の体色に無数の金の稲妻模様が入る美しい種。養殖物は野生にくらべ体色のくすんだ個体が多く、沢山食べさせて育てるので体型の崩れてた個体も多いですが、その分身が太っていて野生よりも丈夫です。
(D面上段)

 

 

 

ブラッシングエンゼル Mサイズ 国産 実長10cm 価格1500 ブラッシング(透明鱗)はエラの色が透けることで頬が赤く、全身が灰色、ヒレやフェイスの一部に黒い色素が入り、光の具合によって薄いブルーの光沢を見せる品種(いわゆるゴーストと呼ばれた品種)でしたが、最近では体色の殆どが白く、ヒレは透明なものが多く見られるようになっています。色揚げ効果のあるエサを与え続けると体色が赤味を帯びてしまうので、赤くさせたくない場合は注意が必要です。(写真下が色づき始めた個体)
(E面上段)

 

 

 

コリドラス・ゴールデンパンダ ショートボディタイプ 独便/養殖 実長2.5cm 価格9800円 sold out数百匹のヨーロッパ産ゴールデンパンダに混じっていた貴重な一匹。ショートにしては珍しくどこから見ても歪みのない完品個体です。

 

 

 

コリドラス・アクセルロディ パラレルライン コロンビア/野生 実長3.5cm 価格1800コロンビア原産のコリドラス。茶褐色の体色に黒い背びれとアイバンド、ジャンクションに掛からないように入る、平行した2つの黒いストライプ(パラレルライン)が特徴のコリドラス。撮影時は下がベアなので体色が褪せてツーラインがハッキリしていませんが、飼い込むことで鮮明になっていきます。基本的には丈夫で大人しい種です。
(B面下段)
過去の関連記事『http://aquaforest.tokyo/2017/10/03/post-26137/』

 

 

 

 
コリドラス・ジュルアヴァウペス 野生 実長3.5cm 価格円『sp,ジュルアヴァウペス』で入荷した当店初入荷のコリドラス。ロレトエンシスとジュリーを足して2で割ったような容姿のコリドラスで今のところ大人しい感じです。このフォルムからしてこれから背びれが伸びが期待できそうなコリドラスです。
(C面下段)

 

 

 

ウーパールーパー リューシスティック 国産 実長10cm 価格3980ウーパーといって真っ先に出てくるのがこのリューシスティックカラー。乳白色の体色にピンク色をした羽毛のような呼吸器官、外鰓(がいさい)があり、目が黒いのが特徴です。リューシスティックは魚で言うとこの黄色変異個体(いわゆるゴールデン、ちなみにウーパーのゴールデンはマーブルのアルビノと少しややこしい)で、メラニン色素がないのではなく、表面に出さないタイプなので、環境によって体色が黒ずむことがあります。
(正面下段)

 

 

フルレッドグッピー買い頃です~(上が過去、下2枚が現在) 全体的に赤黒くなり、ゴノポディウムまでしっかり色がのるようになってきました。実際の尾びれはもっとデルタよりです。

 

 

 

以上、写真付きお魚紹介前編でした!

ご来店お待ちしております。

Return Top